企業情報

環境に優しいJPRレンタルパレットサービス

JPRのレンタルパレットサービスは、利用も回収も共同で行うその特性から、環境負荷を低減する効果が高いことが分かりました。

CO₂削減効果は年間約11万t

JPRレンタルパレットによる共同利用・回収をした場合、各企業がそれぞれ自社パレットを使用したときに比べ、約11万tものCO₂が削減されることが分かりました。これは、杉約807万本の年間のCO₂吸収量に相当します。
(参考「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」環境省/林野庁)

自社パレット/レンタルパレット CO₂排出量比較

自社パレット/レンタルパレット CO2排出量比較

※【協同研究】東京海洋大学 海洋工学部流通情報工学科 准教授 博士(工学) 黒川 久幸。LCA(ライフサイクルアセスメント)の視点から、調査・比較研究を行い、82.7%の削減効果が試算されました。

CO₂が削減できる理由

  1. 最寄のJPRパレットデポへ返却可能 ⇒ パレットの輸送距離とトラックの走行距離を抑制
  2. 共同回収システムで効率的な積載が可能 ⇒ トラック走行距離と台数を抑制
  3. 補修を行うことでパレットの耐用年数が長期化 ⇒ パレットの廃棄、および新規買い替えを抑制

「1枚のパレットを長期間利用すること」
「効率的な運用を行うこと」
この2点を満たしているJPRのパレットレンタルシステム(一貫パレチゼーションシステム)は環境負荷を低減できる効果的な仕組みといえます。

第10回物流環境大賞・特別賞を受賞

(社)日本物流団体連合会開催の第10回物流環境大賞において、レンタルパレットシステムの普及によるCO₂削減効果が高く評価され、特別賞を受賞しました。


第10回物流環境大賞 授賞式の模様

JPRレンタルパレットサービスは、多くのお客様にご利用いただくことで、より一層、環境負荷が軽減されるしくみです。

COLUMN

物流環境大賞とは?

物流環境大賞とは、(社)日本物流団体連合会が平成12年に創設した表彰制度です。物流部門において、優れた環境保全活動や環境啓蒙活動、あるいは先駆的な技術開発などを行うことにより、環境負荷軽減の面から物流業の発展に貢献した企業などが表彰されています。
物流環境大賞について詳しくは、(社)日本物流団体連合会ホームページをご覧ください。