ご要望・お悩み

レンタルのしくみ

保管で使うレンタル

メリット

  • 使いたい時に使いたい分だけ利用できる。
  • 使い終わったら返却するので、空パレットの保管場所は必要ない。
  • レンタルだからメンテナンス不要。

こんな場合はご注意を!

  • レンタル期間が長くなると、購入の方がコストを抑えられる場合もあります。

レンタルと購入を比較して御提案

このサービスで使える商品一覧

関連リンク

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11

輸送で使うレンタルパレットサービス

メリット

  • 納品先からも最寄りのJPRデポへ返却できる。
  • JPRのレンタルパレットなら管理するツールもついてくる(epal)。
  • 納品先がJPRの共同回収店の場合は、共同回収システムのご利用が可能。

このサービスで使える商品一覧

関連リンク

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11

共同回収システム

共同回収システムとは、複数のメーカー様が卸売業・小売業物流センターなどへの出荷に使用したパレットを、共同で回収するしくみです。共同回収システムを利用すれば、お客様は出荷先からのパレット回収をする必要がありません。

システム全体でCO₂の削減が図られます。詳しくは環境効果をご覧ください。

メーカー様のメリット

使うパレットの数を減らせる
パレットをワンウェイで使用することができるので、総パレット枚数を抑制できます。
回収の手間がいらない
空きパレットの回収をJPRが行いますのでパレットの持ち帰りのための輸送がなくなります。
トラックの稼働率アップ
積み下ろしやパレット回収の手間が減り、トラックの回転効率が上がります。
積荷を傷めない
積み替え作業が減るので荷傷みのリスクが減ります。

卸売業・小売業物流センターのメリット

積み替え不要
荷受け時の積み替えが必要なくなり、作業効率が上がります。
待機車両が減る
納品がスムーズになり、物流センター周辺での待機車両が減ります。
保管スペースを縮小
空きパレットは定期的に回収されますので、保管スペースを減らせます。
空きパレットの管理が容易
統一規格なので空きパレットの管理が容易になります。
廃棄パレットが出ない
放置されるパレットがなくなるので、パレットの廃棄がなくなります。

導入までの流れ

「レンタルパレットシステム導入ストーリー」

国際物流総合展2008で講演したセミナーです。JPRレンタルサービスを導入するまでを、具体的なケースに沿って分かりやすくご説明しています。

関連情報

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11