事例・実績

モロゾフ株式会社 様

PDF版

レンタルパレットも自社パレットも管理できる

(2010年11月掲載。当時の情報をそのまま掲載しております。)

「今」「どこに」「何枚」あるか、パレット移動データの"可視化"が、epalでスマートに実現できました。

モロゾフ様は、これまで1,100×700mmの自社スキッドを運用されてきました。
2009年に北港物流センターを開設するにあたり、物流業務を鴻池運輸様にアウトソーシングすることに。
これを機に業界標準の11型パレットに切り替え、併せて管理ツールとしてJPRのWEB物流機器在庫管理システム「epal」をご導入いただきました。運用開始から約一年経過して、epalへのご意見・ご感想を伺いました。

レンタルパレットも自社パレットも管理できる。
これからはepalを上手に使えばいっそうの効率化がはかれると思います。

epalは自社パレットとレンタルパレットのバランスをはかるのにとても便利です。

  • 鍋田 弘 様

    モロゾフ株式会社
    営業本部 物流担当部長

    鍋田 弘 様

  • 濱田 眞一郎 様

    モロゾフ株式会社
    物流担当課長

    濱田 眞一郎 様

鍋田 様

11型の自社パレットとレンタルパレット、そしてepalを導入してちょうど1年が経ちました。今はまだ導入効果の是非を問う時期ではなく、今後検証していくうえでの第一歩を踏み出した時期だと考えていますが、実際にepalで管理したデータを見ていくと、自社パレットとレンタルパレットの使用時期とそれぞれの枚数がよくわかります。
当社の商品は季節変動があるので自社パレットが不足しがちな繁忙期にレンタルパレットを多く投入するのですが、その配分に無駄がなかったかどうかも一目瞭然です。

今後はこの基本データをもとに、自社パレットとレンタルパレットのバランスをとりながら、パレット需要予測を立てていきたいと考えています。

現場スタッフがパレット管理の必要性に気づいたこと。これもepalの導入効果といえますね。

濱田 様

以前は、工場と物流センター間で自社スキッドを使っていましたが、自社内での運用だったこともあり、スキッドの受払管理は特に行っていませんでした。
ですから、繁忙期はスキッドが不足してしまうのに、閑散期は物流センターに余剰なスキッドが積み重なっている、ということがありました。

さらに、紛失や流出してしまうこともあり、2年に一度、約1,000枚のスキッドを投入していました。

ところがレンタルパレットを利用し、epalで受払管理をすることで、レンタルには費用が発生することと、きちんと管理しないと無駄なコストがかかることに現場スタッフが気づくようになりました。これはとても大きな効果だと考えています。

その一方でepalの仕組みと操作を、現場を含めたすべてのスタッフが理解していないと正確な管理は難しいので、スタッフへの浸透という課題も見えてきたと思います。

岡崎

導入時には、JPRから現場の方へ仕組みと操作のご説明を行っていますが、実際に運用を始めてからお気づきになる点も多いと思います。
些細なことでも構いませんので、ご不明点がございましたらご連絡いただけますと幸いです。システム専門のスタッフもおりますので、全力でサポートいたします。

今後ますます在庫管理がラクに正確にできるように期待しています。

  • 五十嵐 誠

    日本パレットレンタル株式会社
    大阪フロントオフィス
    所長代理

    五十嵐 誠

  • 岡崎 司

    日本パレットレンタル株式会社
    大阪フロントオフィス


    岡崎 司

鍋田 様

今後、さらにepalを活用できれば、より一層パレットの流れをリアルタイムで把握でき、パレットの不足や滞留を解消できる可能性があると思います。
私たちはモロゾフ社全体の在庫管理ツールとして使用していますが、拠点数が多い企業では、拠点ごとの細かい管理ができるなど、メリットは大きいのではないでしょうか。

濱田 様

普及が期待されているRFID搭載のパレットとepalが連動すれば、伝票管理や入力作業をさらに省力化でき作業効率も向上しそうです。
またパレットとその上に積載している商品の情報が紐づけば、先入れ先出しの仕組みができるなど在庫管理に効果を発揮しますね。JPRにはepalのシステムをますます進化させてほしいと期待しています。

五十嵐

epalはまさに現場の方々の声から生まれたシステムですので、これからも現場での使いやすさを向上させるよう努めます。

JPRのレンタル機器だけでなく自社所有の物流機器も管理できるシステムにしたのも現場主義の発想からです。これからもご利用いただいているお客様のご意見を、開発にフィードバックしてより良いシステムをご提供していきたいと思います。

モロゾフ株式会社 様

チョコレート、チーズケーキ、プリンをはじめとした洋菓子の製造販売を展開するモロゾフ様。バレンタインや中元・歳暮のギフト商材など出荷量に季節変動が多いことが物流面の特徴です。そこで2009年8月より自社パレットとレンタルパレットを併用して繁忙期に対応した効率の良いパレット運用を開始しました。ユニバーサルスタジオジャパンにほど近い北港物流センターでは、チョコレート・クッキーなどの商品を全国の店舗へ発送しています。