物流基礎知識

物流クレート標準化協議会

物流クレート標準化協議会とは、製・配・販が協働して環境負荷を低減し、物流の効率化などを推進するために、食品メーカーから小売店舗に納品されるダンボールを必要最低限に抑制すること。そして、食品通い箱の多様さゆえに生じる物流効率の不全を解消することを目的として設立されました。
繰り返し利用できる標準クレートを普及させることで、省資源化と物流効率の改善を目指しています。
2012年現在、日本スーパーマーケット協会・日本チェーンストア協会・新日本スーパーマーケット協会の3団体で運営されています。

物流基礎知識の一覧に戻る

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11