物流基礎知識

4温度帯

4温度帯とは、物流業界においては、配送・保管時の温度指定を指しています。
一般には、冷凍・冷蔵・常温・定温の4種類で呼ばれることが多く、これらを総称して4温度帯といいます。
4温度帯の標準的な目安として、常温(室内温度:マヨネーズ、缶詰など)、定温(10〜20℃:お菓子など)、冷蔵(0〜10℃:マーガリンなど)、冷凍(-18℃以下:冷凍食品)があり、実際には配送商品の特性に合わせて細かく区分されています。

加温品(20℃以上)
常温品(20℃〜10℃)
定温品(チルド:5℃〜-5℃、氷温:0℃〜-3℃、パーシャル:-3℃)
C3級(10℃〜0℃)
C2級(0℃〜-10℃)
C1級(-10℃〜-20℃)
F1級(-20℃〜-30℃)
F2級(-30℃〜-40℃)
F3級(-40℃〜-50℃)
F4級(-50℃以下)

物流基礎知識の一覧に戻る

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11