物流基礎知識

物流一般

ロジスティクス

物資流通の活動目標を最終需要の必要条件や環境保全などの社会的課題への対応に求め、包装、輸送、保管、荷役、流通加工およびそれらに関連する情報の諸機能を高度化し、総合化を進めるとともに、調達、生産、販売、回収などの分野との一本化、一元化をはかる経営活動。

ユニットロード

複数の物品又は包装貨物を、機械および器具による取扱いに適するように、一つの単位にまとめた貨物。この用語は、上記の目的に合致する1個の大形の物品に対 しても適用する。貨物をユニットロードにすることによって、荷役を機械化し、輸送、保管などを、一貫して効率化する仕組みを、ユニットロードシステムとい う。

パレチゼーション

物品又は包装貨物をパレットに積み、パレット単位で荷役、輸送、保管する方法。パレットによるユニットロードで荷役を機械化し、輸送、保管、包装の効率化をはかる手段である。発地から着地まで一貫して同一のパレットに貨物を積載したまま輸送を行うことを、一貫パレチゼーションという。

コンテナリゼーション

物品をコンテナに積んでユニット化し、荷役機械によって鉄道車両、トラック、船舶、航空機などへの積込み、取卸しを行い、輸送および包装の合理化をはかる手段。

パレットプールシステム

構造・寸法などが統一された互換性のあるパレットを、広範囲の業界および各輸送機関で相互に共同運営する仕組み。

複合一貫輸送

ある輸送単位の物品を積替えることなく、鉄道車両、トラック、船舶、航空機などの異なった輸送機関を組み合わせる輸送。共同一貫輸送ともいう。

共同配送

個別の配送を行っていた複数の企業が、共同化することによって配送貨物をまとめ、積み合わせて行う配送。
参考:類似用語として、共同物流、共同輸送、共同保管などが用いられる。

物流基礎知識の一覧に戻る

関連リンク

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11