製品・サービス

Llink

Llink

Llink(エルリンク)はJPRが提供する物流機器管理ソリューションシステムです。
RFID等の自動認識技術を活用して、自社保有のRTI(パレットやカゴ車、プラスチックコンテナなどの通い容器)の個体管理を実現します。
モノの流れとRTI情報を一体化するクラウドサービスであるLlinkは、RTIのスムーズな管理、紛失防止によるコスト削減だけでなく、個体管理により蓄積したビッグデータを分析し活用することでRTIの新たな可能性を切り拓きます。

利用形態 相談OK
用途 管理

メリット

メリット

工場、物流センター、店舗とあらゆる物流現場からRTIの個体移動データを収集。
収集した膨大な情報をすばやく可視化・分析等ができる機能を実装しました。
RTIの長期滞留数量や滞留拠点などのデータ検索が可能なほか、入荷から洗浄まで、出荷から回収までなど、イベントごとに要した日数(リードタイム)を把握することが可能です。
また、分析データをもとに、お客様のRTI運用レポートを定期的に作成する機能があり、お客様の物流改善に貢献します。

データがひと目でわかる

データがひと目でわかる

長期滞留のワースト拠点や、在庫数の分布、入出荷バランス、RTIの回転日数など主要なデータが一目で分かるダッシュボード機能を実装しました。
集めたデータを駆使して、RTIの必要最適量の算出や、回収強化による追加購入コストの抑制などに活用が可能です。

多言語対応で海外拠点でも管理可能

Llinkは英語、中国語(予定)等の複数言語にも対応しています。
海外拠点でもデータ入力や管理が可能で、海外拠点での情報を日本で、日本拠点の情報を海外でそれぞれの言語で確認することが可能です。
また、Llinkは国際標準であるEPCに準拠しております。

各種自動認識ラベルに対応

管理する自社保有のRTIに取付けるものは、RFタグのほか、QRコード、バーコードなど物流機器のユニーク番号を判別できるツールであれば、ご利用可能です。
JPRでは、オリジナルRFタグや読取機器などの周辺機器のご提案も行っております。

導入実績

イオングローバルSCM株式会社 様

Llink運用概念図

導入効果1:物流機器の一元管理の実現

クラウドサービスであるLlinkを用いることで、企業全体の物流機器の在庫状況を安価に一元管理できるようになりました。

導入効果2:回収促進・適正在庫管理

個体ベースでの流動量が把握できるようになり、長期滞留店舗への回収促進や適正在庫の維持・管理ができるようになりました。

導入効果3:自動認識による在庫捕捉率向上

目視による現物在庫の捕捉率が7割程度だったところ、個体管理の自動認識により99.6%まで改善しました。

費用とサポート

クラウドサービスで提供しておりますので、初期導入費用を低額に抑えました。
ランニング費用については、データ量(物量 Or 使用環境)によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

関連記事リンク

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11