ご要望・お悩み

物流機器の紛失対策法を知りたい

課題

  • 物流機器がよく紛失する
  • 毎年なくなる物流機器だが、いつどこで無くなるのか分からない

Point1:管理ツールを使う

  • 管理ツールを導入すると、物流機器の流れを可視化でき、課題も明確になります。
  • 管理ツールを利用をすることで、管理意識の向上も期待できます。

物流機器管理ソリューションシステムLogiarx

Point2:現状の把握から改善のご提案

  • JPRのマネジメントサービスなら、現状の把握・可視化とデータの分析をMIXして改善策をご提案します。(メンテナンスプログラム)
  • 現状の把握はヒアリングだけでなく、実際の現場に密着してリアルな現場をレポートします。
  • JPRのWeb物流機器管理システムepalのデータを分析して物流機器の流れを把握し、紛失ポイントの推測。現場レポートと組み合わせて改善策をご提案します。

マネジメントサービス

Point3:自社保有からレンタルへの切り替え

  • 物流機器がパレットでならば、JPRのレンタルパレットサービスへの切り替えだけでも効果が期待できます。
  • JPRのレンタルパレットサービスにはWeb物流機器管理システムepal が付帯していますので 、管理システムを導入するコストが省けます。
  • 万が一の紛失の際にも、レンタル料から回収委託費用に変更して、JPRが回収を請け負います 。

レンタルパレットサービス(国内でレンタルする)