ご要望・お悩み

国際間でレンタルしたい(APP)

国際間レンタルサービスAPP(アジアパレットプール)

「日本で借りて海外で返す」「海外で借りて日本で返す」→APP(アジア・パレットプール)の国際レンタルサービスです。JPRは、シンガポール支店、韓国と台湾に運送パートナー様を持ち、国際間でも合理的なパレット運用が可能です。

利用物流機器

  • APP専用パレット APP専用パレット

    APP専用パレット

    国際間レンタルサービス専用のプラスチック製レンタルパレットです。詳細は商品紹介ページをご参照ください。

  • 小口混載貨物(LCLカーゴ)対応の各種RTI

    小口混載貨物(LCLカーゴ)対応の各種RTI

    パレット以外の物流機器でのレンタルサービスもご相談を承ります。詳しくはお問い合わせください。

利用可能国

日本・韓国・台湾・中国・シンガポール・タイ・フィリピン・ベトナム・米国

※上記は日本を基準とした輸出入可能国となっております。また、ご利用可能国は輸出と輸入のバランスにより変化します。

メリット

高品質

一般的なワンウェイパレットと違い、APPのパレットは反復利用に耐える丈夫なパレットです。JPRの厳しい品質基準に基づく規格パレットは、輸出入の際にもパレット破損などによる荷役事故を減らし、お客様の大事な貨物をより安全に運びます。

低コストで合理的なパレット経費

APPレンタルシステムでは、発荷主と受荷主が、輸出国側と輸入国側、それぞれのパレット費用を合理的に 負担することの出来るシステムです。
しかも、その費用は通常使われている使い捨て・ワンウェイパレットよりも、はるかに低コストです。

パレット廃棄問題の解決

従来のワンウェイパレットの大きな問題点が、輸入後のパレット廃棄処理です。 ワンウェイパレットの廃棄処理には高いコストがかかり、環境保護の点でも、今後益々大きな課題です。
APPレンタルパレットなら、輸入後の国内流通はもとより、利用後の空パレット回収もJPRがお約束します。

合理的なワンウェイ輸出

生産現場での製品パレタイズを出発点に、国内流通、さらに輸出・通関・配送と、一枚のパレットを一貫して輸出入貨物に利用することが出来ます。APPなら輸出入どちらでも国際一貫パレチゼーションが可能です。

木製梱包材輸入規制(ISPM15)への対策

木製梱包材に含まれる有害生物の伝播防止のため、国際植物保護条約組織(IPPC)は2002年3月に国際植物検疫措置基準第15号国際貿易の木製梱包検疫基準(ISPM15)を制定しました。

現在、多くの国ではこの基準に基づき、輸入木製梱包材規制を制定し、木製パレットをはじめとした輸入木製梱包材に燻蒸処理を行い、IPPCマークを付けることを要求しています。JPRの輸出用プラスチックパレットなら、処理はいらず、すぐに輸出入にお使いいただけます。

※アライアンス国内でのレンタルサービスについても、一部で提供開始しました。詳しくはお問い合わせください。

関連リンク

見積依頼/資料・カタログ請求

お問い合わせ

0120-8010-11